寝ても覚めても犬が好き

WEBディレクターが犬とロックとWEBと食べ物のことなどを綴るブログ

ワイヤーフレームをパワポで作るときにちょっと便利な設定

お仕事でワイヤーフレームを作る方も沢山いらっしゃると思いますが、

日頃ワイヤーフレームを馬車馬のように作らされているわたしが行っている設定をまとめてみました。

「そんなのとくにやってる!」というものばかりだとは思いますが、以外とまとまっている記事が少ないのでまとめてみました。

※操作方法は全てMac版Office365のPowerPointです。

 

1.マスターページの設定をする

縦でも横でもお好みですが、マスターページの設定しておきます。

見出しのフォントや本文のフォント、リストの場合のリストマークとフォントの設定、ページングの設定などを行っておきます。

 

f:id:singarden:20171007205749p:plain

 

2.各パーツの色の設定、線の設定をしておく

図形もしくはテキストボックスを作成>optionを押して図形の書式設定を押す>右側の図形の書式設定>図形の書式設定>任意の設定項目

 

f:id:singarden:20171007210704p:plain

 

ワイヤーは枠線で表現する場合が多いのでオススメの設定は上記のように

  • 塗りつぶしなし
  • 線単色(黒もしくはグレー系)
  • 罫線の太さは1pt以下

にしておくと扱いやすいです。

その後optionを押して「規定の図形に設定」を押します。

 

3.図形やテキストボックス関係の余白は0に設定しておく

意外とデフォルトの余白が邪魔することがあるのでデフォルトをゼロにしておきます。

やり方は

 

図形もしくはテキストボックスを作成→optionを押して図形の書式設定を押す>右側の図形の書式設定→文字のオプション→テキストボックス 

  • 左余白
  • 右余白
  • 上余白
  • 下余白

を0に設定。

 

f:id:singarden:20171007205201p:plain

 

垂直方向は上下中央がオススメです。

その後optionを押して「規定の図形に設定」を押します。

 

4.図形やテキストボックスのデフォルトの文字設定をする

任意の図形やテキストボックスに文字の設定を行い

optionを押して「規定のテキストボックスに設定」を押します。

 

 

これでおおよその余計なデフォルト設定がなくなるので

どんな図形を書いてもある程度はスッキリ見やすくなります。

 

  • 規定値を一番多く使う設定
  • イレギュラーはつど設定で対応

の運用がオススメです。

 

PowerPointが大っ嫌いなわたしですが、

これだけで画面を作るときのストレスが割と減ります。

 

他に何かおすすめなどあれば教えてください!