寝ても覚めても犬が好き

WEBディレクターが犬とロックとWEBと食べ物のことなどを綴るブログ

セブに1週間語学留学してきました【生活編:困ったこと、持ち物など】

セブでは日本との違いで結構困惑したこともありました。

事前に知っていればなんとかなることも多いのでまとめます。

 

f:id:singarden:20181031011844j:image

 

交通ルールが適当

横断歩道はあるけど、結構な大通りでも信号がないのでみなさんフリーダムに渡ります。

4車線道路でも信号がなかったりします。

車がガンガン来てても手で「ストップ!」ってやりながら渡っていくので日本人にはかなり難易度が高いです。

実際に無理やり道路にでて轢かれそうになったりもしたし、渡りたくても10分くらい渡れなかったこともありました。

8日間の滞在中交通事故も2件くらい見ました。

 

クレジットカードが使えない

クレジットカードを導入しているお店が本当に少ないので現金が大事です。

ショッピングモールやホテル以外だと拒否される可能性が高く、ショッピングモールも使用の際にパスポートの提示を求められたりします。

「治安が悪いから現金怖い」的な認識で現金を少なめに持っていったので両替するはめになりました。

  

大きい紙幣が使えない場合がある

日本の感覚で「ペットボトルのジュースを買うのに5000円札を出す」的なことをすると断られます。なんとあのセブンイレブンやマックでも!

飲み物難民に陥り危うく熱中症になりかけました。

必ず両替のときに細かい紙幣ももらっておきましょう。

 

トイレに便座がない場合がある

トイレに便座がなかったりするので空気椅子スタイルを要求されます。

地味に辛かった…

キレイなところとそうでないところの落差が大きいので、空港にはウォシュレットもありました。

どうしても足腰に自身が無い場合はトイレクイックル的なやつを持っていって座るという手もあります。

(除菌できるもので拭かないと便座の衛生状態によっては感染症になる可能性があります)

 

トイレに石鹸がない場合が多い

手ピカジェル的なものは必須になります。

わたしは子供用のバッグにつけるてピカジェルとハンドティッシュサイズのウェットティッシュを愛用していました。

衛生面はイマイチなことも多いのでウェットティッシュと手ピカジェルは必須だと思います。

 

道行く動物に触ってはいけない

狂犬病清浄国ではないため、犬に触れてはいけません。

かわいい犬がいて一緒に遊びたかったんですが残念…

猫も野良猫は病気の可能性があるため原則触ってはいけません。

 

f:id:singarden:20181031011731j:plain

可愛い子なのに遊べなかった…

 

生野菜と水道水は気をつけたほうがいい

海外あるあるです。ショッピングモールなどのレストランは大丈夫ですが、基本的に生野菜は食べな方がいいです。

お水もミネラルウォーターが安いので買ったほうが安心です。

 

水質のせいか髪の毛がパサパサになる

水質のせいでシャワー後の髪がわりとパサパサになりがちです。

流さないトリートメントを持っていくのがおすすめです。

わたしはドンキなどに売っている1回分づつ個別包装されているのを持っていきました。

 

まとめ:困ったこともあるけどセブはいいところ!

わたしが困ったのはこのくらいで、あとは基本的には快適でした。

なんといっても人がとても親切で気さく!

セブの人たちはたくさん話しかけてくれて、優しくしてくれました。感謝!

コミュ障でも毎日たくさんお話できて楽しかったです。

 

食事も結構おいしいのに安いし、おいしいスイーツのお店などもあります。

今度は旅行でゆっくり行こうと思います!